防犯カメラや監視カメラの販売を行う【日本調査】

お得なセット販売もぜひご利用ください。

防犯カメラ・防犯用品専門店【日本調査】 大阪府大阪市天王寺区玉造元町3‐17
TEL:06-6765-3384
FAX:06-6765-3387
info@nihonchousa.com
http://www.nihonchousa.com/
油かす専門店サンコーキッチン 油かす専門店サンコーキッチン
ホーム | 防犯用品 > 情報収集盗聴器電卓型盗聴器
商品詳細

電卓型盗聴器[CAL-202]

販売価格: 41,000円 (税込)

この発信機の主な仕様とポイント

使用周波数

UHF-A〜Cのいずれか

電波到達距離

最大50〜100m

集音範囲

普通会話で周囲約5m

電源

電池

電池寿命

最大約100時間

VOX機能

あり

商品概要

電卓として置いておくだけで周囲の音声を発信します。

VOX機能搭載なので周囲に音がある時だけ電波を送信します。

本品を会話を聞きたい部屋のどこかに置き、仕掛けた場所から電波到達距離の範囲内の場所で盗聴器用受信機を使用して会話の電波を受信すると音声を聞く事ができます。

普通の卓上電卓としても変わりなく使用できます。

※盗聴機能は電池で稼動しますが、電卓機能はソーラーパワーで稼動します。

仕様

商品番号

:CAL-202

商品名

:電卓型盗聴器

使用電波

:UHF(A・B・C・の内、1波)

受信可能距離

:最大50〜100m

アンテナ

:本体に内蔵

電源

:電池

電池

:リチウム電池又は単5乾電池×2本

電池寿命

:リチウム電池使用時 約100時間
:乾電池使用時 約50時間
:※VOX機能使用頻度による

寸法

タテ132mm × ヨコ111mm × 厚さ31mm

重量

125g

ここに注目!

・アンテナ内蔵の盗聴器で外見、機能は普通の10桁表示電卓
電卓機能はソーラーパワーなので安心。(盗聴機能は電池で稼動します)
・電波はUHF帯なので、FMラジオなどで傍受される心配がない。
・VOX機能搭載で、周囲に音がない時には電波の送信を止め待機状態に入るので、盗聴発見されにくい。

VOX機能とは

盗聴器の販売とレンタル VOX機能内蔵盗聴器VOX機能とは音声起動機能の事を指し、会話用発信機の中で最も重要な機能の一つです。
VOX機能を搭載した発信機は、発信機周辺が無音の時は電波を発信しません。
会話用発信機は盗聴対象の周辺に設置する事で、周囲の音声を電波を使って送信します。この電波を受信機で傍受すると会話を聞く事ができるのですが、これは受信機さえあれば第三者でも盗聴器の有無がわかるという欠点を併せ持っています。これを利用するのが当事者本人による盗聴器発見作業であり、業者委託による盗聴器発見調査なのです。
VOX機能搭載の発信機は周囲が無音時の電波発信を停止するため、常時電波を発信し続ける通常の発信機に比べ格段に発見させる確率が減ります。利用者側からすると、それだけ安心して永く使用できる事になります。
また、付加価値として、無駄な電波の発信がない分電池が長持ちする長所を併せ持ちます。VOX機能は発信機の機種選定の際、重要なポイントとなります。
尚、一般電話用発信機は取り付けた電話が通話中の時だけ電波を発信しますので、特別にVOX機能は必要ありません。

使用例

電卓を机の上にさりげなく置いておく。
電卓を棚の上にさりげなく置いておく。
電卓を机の引き出しの中に置いておく。

その他状況に合わせ、出来るだけ目立たず会話に近い場所に設置して下さい。

使用説明

1.電源の入れ方
本体出荷時にはリチウム電池を内蔵済みです。
本体の右側面に1mmくらいの小さな穴が開いていますので付属のピンを穴に真直ぐ差込み、ピンが止まるまで軽く押します。これでスイッチが入り、電波の発信を開始します。
もう一度ピンで押すと電源を切る事ができます。

2.会話を聞く
仕掛けた場所から50〜100m以内の場所で、専用受信機(KUR-400推奨)などを使用して会話の電波を受信すると、会話を聞く事ができます。

3.電池の交換
付属のプラスドライバーを使って、本体裏面の小さな止めビスを外します。内部に電池を入れる所があるので、そこに極性を間違えないように電池を入れ替えて元通りに蓋を閉めます。

※本品はVOX機能を内蔵していますので、仕掛けた場所の周囲が無音の時は電波を発射しませんが、故障ではありません。VOX機能は感度が高いので、わずかな物音でもそれを検知し送信を開始します。

使用する電波

この盗聴器はUHF-A〜Cバンドのいずれかを使用しています。
ご指定のない注文ではA〜Cのいずれかの製品を出荷しますが、ご希望により指定頂く事もできます。

※同じバンドの複数の盗聴器を互いの電波到達距離以内で同時に使用すると「混信」を招き、混信したバンドの音声が聞こえなくなります。狭い範囲内で複数の盗聴器を同時に使用する場合はバンドが重複しないよう注意が必要です。

■この盗聴器が使用している周波数バンド
UHF-Aバンド 398.605MHz(メガヘルツ)
UHF-Bバンド 399.455MHz(メガヘルツ)
UHF-Cバンド 399.030MHz(メガヘルツ)

受信した内容の記録(録音)について

当店では傍受した会話の録音を推奨します。
傍受している最中に会話がはっきりと聞き取れなかった場合、録音しておけば聞き直しが可能です。
また、聞いた内容を記録として残す事ができます。
録音機は小型軽量で長時間の録音が可能なデジタルボイスレコーダーをお奨めします。
デジタルボイスレコーダーは自動録音が可能で録音容量を有効に活用できます。

注意点

※受信機にはUHF-A・B・C専用受信機KUR-400をご使用下さい。
(多機能受信機では著しく受信可能距離が低下します)
※電波到達距離は見通し距離なので構造物などの障害物で数割程縮まる事があります。
※マイクの感度は人の耳とほぼ同じレベルなので、極端に小さな音声は聞き取れない場合があります。
※磁石を本体に取付けたりしないで下さい。電波出力が極端に悪くなります。その後外しても再調整しないと元には戻りません。
※電池の極性は絶対間違えないように注意して下さい。間違えたままスイッチをONにすると内部の機器が破損し、発煙の危険があります。